体力も技術もない、シニアフットサルチームのための戦術&テクニック

※これはフィクションです。

 

以下は、体力もない、スピードもない、テクニックもない、シニアフットサラーのための戦術である。

そして、実際にこの戦術をとった、チームの結果を最後に記す。

 

■前提

・カウンターを食らうと追いつけない。

・コートを行ったり来たり、走り回れない。

・足下へのパスしか受け付けたくない。

 

■チームとして

・無駄に下がらない(体力消耗を防ぐため)

・せめて頭の中の切り替えを早く(せめて)

・パスを多用する(体力消耗を防ぐため)

 

■オフェンス

・ミドルシュートをうつ(シュートで終わるのが大事)

・サイドからでもシュートをうつ(外していいからゲームを切るのが大事)

・2人はさがる。(カウンター防止。だって追いつけないもの)

 

■ディフェンス

・タテを切る(狭いコートではタテにいかれるのが一番まずい。プレッシャーかけて相手のミスを誘う)

・抜かれない(撮りにいかなくていい。プレッシャーかけて相手のミスを誘う)

・2人でいかない(取れない場合のリスクがでかい)

 

■キーパー

・ゴールの真ん中に立つ(太ってるから3分の一の確率で防げるでしょ)

・コーチングする(どこ空いてるよとか、どこにボールあるよとか。あと戦術のリピート再生)

・顔とタマタマを防御する(そこさえ守れば、シュートは怖くない。逃げないで済む。構えはご自身で考えて)

 

これを実行したシニアフットサルチームは、地域の小さな大会で、準優勝した。

そして、チームから得点王がでた。

それもそのはず、彼は一切ディフェンスをしなかった。

チームの得点は全部彼だった。

 

※これはフィクションです。

 

豊嶋浩平

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です