龍になった蛇〜耳と目をすませば〜

水と風の国に、一匹の蛇がおりました。

その蛇は曲を作り、歌うのが好きでした。

そして、料理が上手でした。

 

しかし、蛇は蛇でした。

いつも地べたを這いずり回り、知らず知らずのうちに周りから嫌われていました。

そんなことも気付かず、蛇はいつも空を見上げていました。

 

「いつか空を飛びたいな」

 

そこに3人の神様がやってきました。

1人は太陽の神様。

1人は月の神様。

1人は大地の神様でした。

 

太陽の神様は、愛情と摂理の神様でした。

月の神様は、言葉と知恵の神様でした。

大地の神様は、豊穣と行動の神様でした。

 

「あの蛇はどうだい?」

ちょうど召使いの龍の代わりを探していた神様達は、

見込みのありそうな蛇を見つけて、手を差し伸べました。

 

次の日から、蛇は餌にありつけるようになりました。

いろんな頼まれ話がやってきて、物事がうまく回りだしました。

周りから尊敬されているようになりしました。

歌がどんどん作れるようになりました。

 

調子に乗った蛇は、それを全て自分の手柄としました。

餌を当たり前のように食べ、摂理について学ぼうとしませんでした。

自分の力だと勘違いしたのです。

それからというもの蛇は、たまにしか料理を振舞わず、ただただ偉そうにしていました。

神様達の存在に気づいていませんでした。

ずっと暗く低いところにいた蛇は、目も耳もきかなくなっていたのでした。

 

月の神様は、そんな蛇を見て、すぐに見放しました。

月と大地の神様は、それでも蛇を見放さず、辛抱強く見守っていました。

しかし、度重なる蛇の愚行を見て、とうとう太陽の神様も大地の神様も諦めかけていました。

 

なんだか最近調子の悪い蛇は、沈んだ顔で夜空を眺めていました。

そこに月の神様が通りかかりました。

月の神様は、仕方なく蛇に最後の知恵を授けました。

 

「君は恵まれた蛇だ。

君の上には、摂理の神様と、豊穣の神様が見守ってる。

それはとてもとてもありがたいことだ。あとは、君の能力を発揮するんだ。

君は料理に集中し、作り続けるんだ。そして君の一番得意な料理で皆を喜ばすんだ。

そうすれば、きっと2人に恩返しできる。

もしそれができたなら、次に私は言葉を授けるよ。それを歌にするといい。

君は何も心配せず、全ての才能を活かせる環境が与えられているんだよ。

君の料理と歌は、この国を超えて、知れ渡るよ。

そして君は蛇から龍になるんだよ」

 

静かな夜だったので、蛇の耳にもよほどよく聞こえたのでしょう。

蛇は考えることができませんでしたので、月に言われて、ようやく気が付きました。

蛇は自分の無知さを知りました。

しばらくたったある日のこと、

一匹の蛇が、空を高々と気持ちよさそうに飛んでいく龍を眺めていました。

 

トッピンパラリのぷ〜

 

豊嶋浩平

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です