東の街に日は昇る〜無い物ねだりはもう〜

そこは観光収入がメインの南の島。

 

島の西側は、大きな道路が通り、マンションや、ホテル、大型ショッピングセンターが立ち並んでいた。

どんどん開発が進み、新しい道路や建物の工事がひっきりなしに行われていた。

沈む夕日を眺めながらドライブするには、うってつけの美しい街だった。

 

一方、東側はというと、高層建築物はほとんどなく、開発も遅れ、空は大きいが、こじんまりしたビーチしかなかった。

 

東側の街の町長は、悩んでいた。

街の活性化のために、有名カフェやなんやら、外から新しいものを誘致し、どうにかして観光客を呼ぼうと思案していた。

街に多少の予算はあったのだが、大規模な開発を行うには不十分だった。

 

そこにある青年実業家がやってきた。

金はないが、アイデアだけはある企業だった。

その青年は言った。

 

「この街は、確かに西側より開発されていません。でも、そこがチャンスです。」

この企業が、まず手をつけたのが、民泊だった。

西側とは違い、ほとんどホテルのない東の街は、観光客が宿泊したくともするところがない。

ならばということで、空き家を利用し、民泊にした。

すでに実績のあった企業は、古い民家を生かし、情緒溢れる雰囲気の部屋を展開した。

ホテルに飽きてきていた観光客は、面白がった。

 

もう一つ手をつけたのは、ビーチでの屋台だった。

なぜだか西側の街では、どこにも「海の家」的なものがなく、あるといえば小さな売店ぐらいだった。

おそらく、ゴミや風紀の問題があったのだ。

それを逆手に取った。

ビーチにビーチチェアーを並べた。

ビーチ裏のバーベキューの東屋は、全て民間に貸し出した。

ゴミ処分と、警備を徹底した。

するとどうだろう、観光客は、朝となく夜となく、ビーチに集まりだした。

 

他の島からやってきた青年は知っていた。

わざわざ休暇をとってやってくる客が、南の島に求めているもの。

それは、非日常的空気。ビーチでボケーっとのんびり、カクテルでも飲みながら、その土地のものを食べる。清潔、安全。

それを素直に提供した。

近代化が進む西側の街が忘れてしまったものを、東の街は提供した。

それで西側とは全く別の色で、観光客を呼び込んでいった。

 

東の街では、確かに夕日が海に沈むのを見ることができない。

しかし、夜は月が昇るのを見ながら、ナイトパーティーができる。

朝は朝日が昇るのを眺めながら、モーニングができる。

青年はそういった、あるものを利用しただけだった。

 

東の街に小鳥のさえずりが聞こえ始める頃、青年は健康に感謝しつつ、ビーチをランニングする。

 

豊嶋浩平

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です