世界遺産の街〜計画は誰がために〜

※これはフィクションです。

 

市長選が行われた。

 

新しい市長は、今計画されている都市計画を、ガラリと変えた。

 

以前の計画は、旧市街地を取り壊し、すべてを新しいものに変えるというものだった。

そこには高層マンションが立ち並び、有名な商業施設が立ち並ぶというものだった。

 

新しい市長は真逆のことを実施すると言った。

旧市街を残すことにしたのだ。

 

旧市街地は、金網で囲まれた地域で、戦争の歴史、軍事施設の色を色濃く残す街だった。

一般市民は立ち入り禁止の区域だった。

市長は、その金網をすべて残した。

残していい軍事用の建物を残した。

 

あるものを最大限に利用することによって、予算は当初の3分の1に抑えられた。

市民以外が、金網の中の旧市街地に入るためには、入場料を取った。

それでも観光客や、地元の来場者は絶えなかった。

金網があるからゆえに、区域内は最も治安の良い観光地となった。

 

今まで無名の街が、戦争の記憶を色濃く残す都市として、世界的に有名な観光地となったのだった。

 

 

新市長が考えたことは、

”地域のために何ができるか”

ということではなかった。

 

この地域が、

”世界のために何ができるのか”

ということだった。

 

やがて、その街は世界遺産に登録された。

 

街の片隅には、市長の記念碑が建てられている。

 

※これはフィクションです。

 

豊嶋

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です