愛し愛され、幸せ書店〜読書好きが集まる本屋さん〜

※これはフィクションです。

 

あるところに、本が大好きな本屋さんがいました。

 

お店にはたくさんの本を置いてありましたが、

さいきん近所にできた、都会の巨大本屋さんにはかないませんでした。

 

本屋さんは悩みました。

「どうしよう。これといったウリもないしな〜・・」

 

手を返え品を変え。

店を飾ったり、本を紹介したりしましたが、サッパリです。

それらはみんな、すでに巨大本屋さんもやっていることなのでした。

 

本屋さんは諦めかけていました。

「俺の取り柄なんて、とにかく本が好きなだけ。読書が好きなだけの・・・・」

 

キュピ〜ん!!!!

次の日の朝、本屋さんはお店にランプを置きました。

また次の日は、お店にお気に入りのソファーを置きました。

また次の日は、いい香りのするコーヒーを置きました。

また次の日は、静かな音楽のレコードを置きました。

 

本屋さんは、自分が気持ち良く読書するためのお気に入りグッズを、

お店に1個づつ置き始めたのでした。

 

1ヶ月と経たないうちに、お店の中には素敵な読書リビングが出来上がりました。

そして、その全ての物たちには値札が付いていました。

 

それからというもの、お店はいつもお客さんでいっぱいです。

街の本好きが、みんな集まったのです。

 

「本が好きで好きで」しょうがなかった本屋さんは、

とうとう「読書好きから愛される」本屋さんになったのです。

 

本以外のグッズもたくさん売れてお店が繁盛した本屋さんは、

大好きな本と、たくさんの本好き達に囲まれて、

末長く幸せに暮らしましたとさ。

 

トッピンパラリノプ〜。

 

豊嶋航平

 

※これはフィクションです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です