セコい体育館〜お金と健康、どっちが大事?〜

※これはフィクションです。

 

体育館をスポーツに使わせない。

 

そんなアホな町がある。

 

理由は「体育館が壊れるから」「修理代がかかるから」

 

何のための体育館なのか?

体育館を壊さないように、スポーツをやらないといけない。

それは、静かに歌わないといけない、カラオケボックスのようなもんだ。

本気なのか。

 

 

業を燃やした町民。

嘘の使用目的で申請し、こっそり体育館でスポーツしだした。

529434_509018322509889_776779353_n

するとどうだろう。

町民の体はみるみる引き締まり、健康体そのものになっていった。

 

それだけではない。

メタボ改善。町の医療費が減った。

町のスポーツ店の売り上げが向上した。

コミュニティーが出来た。孤立がなくなっていった。

健康的な男女のカップル。人口増加につながった。

ストレス発散。DVがなくなった。

終わった後のビールがうまい。飯がうまい。

飲食店、居酒屋が儲かった。

 

数年後。

町は突如、体育館の開放に踏み切った。

理由は「町民の健康が一番大事」だからとのこと。

 

町民は鼻で笑った。

 

本当はそうではない。

体育館の修理費よりも、人の修理費の方が高くつくということに気づいたからだ。

 

※これはフィクションです。

 

豊嶋浩平

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です